毛皮大百科

毛皮を自分好みの色に染める

毛皮は長年使用することで日焼けや色落ちなどが起きてしまう可能性があります。変色してしまうと見栄えが悪くなり、ちょっとした汚れでも目立つようになってしまうので継続して使い続けていくためには再度染めるという手段があります。毛皮は人工繊維であっても重ねて染めることが容易であり、濃い色であるほどに大きくイメージを変えることができます。個人で染めることも可能ですが、全体を均一に染め上げるのであればリフォーム業者に依頼したほうが綺麗に仕上がります。特に毛皮製衣類の場合はプリントや刈毛・抜毛加工なども行うことができるので好みのデザインに仕立て直すことが可能となります。毛皮の毛布などは脱色してから新しく染め直すことでまったく違った質感を出すこともでき、寝具としての魅力を高めていくことができます。リフォーム業者は簡単な見積もり書を提示してから実際に染める作業に入るので染色に失敗してしまうリスクも少なく、安心して任せられます。